35歳からの不妊治療は、遅いの?

女性は35歳以降になると自然に妊娠出来る可能性が低くなります。また仮に妊娠出来たとしても母体、胎児に伴うリスクは高まりますので、なるべく若いうちに妊娠・出産を考えて、35歳前までに不妊治療を終えることがベストです。
MENU

35歳からの不妊治療は、遅いの?

女性は35歳以降になると自然に妊娠出来る可能性が低くなります。
また仮に妊娠出来たとしても母体、胎児に伴うリスクは高まりますので、なるべく若いうちに妊娠・出産を考えて、35歳前までに不妊治療を終えることがベストです。
ですので、35歳から不妊治療をスタートさせるということは遅いと言えますが決して、妊娠の確率は0%ではありません。
実際、女性の自然妊娠率でさえ、25歳では30%、30歳前半では、25%、35歳での自然妊娠率は18%、40歳前半では4%、40歳後半では1%と言われています。

 

妊娠のベストタイミングは20代後半!

医学的には卵子や母体の状態がピークを迎える20代後半が最も妊娠・出産に適した年齢と言われています。卵子の老化は33歳からスタートしますので、20代のうちに妊娠・出産を行うことがベストと言えます。
また不妊治療は長期に及ぶ事がありますので、不妊治療も若いうちに行っておくことが望ましいです。
更に体力がある若いうちに育児を済ませておいた方が断然、良いですので、
若いうちに子供を産んでおく事は、大切です。
35歳以降で子供を産んだ場合、子育てが終わるのは60歳くらいとなりますので、何か新しい事をスタートさせたいと思っても体力的に難しくなってしまいます。

 

とは言え、35歳、40歳を過ぎた方でも元気で健康な赤ちゃんを出産している人は数多くいますので、全ての35歳以降~の方に不妊治療は遅いとは言えません。
また30代後半になれば、経済的に余裕が出来るようになりますので、しっかりとご自分が納得出来るまで、不妊治療を行える方は多くいるでしょう。
ただやはり35歳からの高齢出産には母体、胎児に伴うリスクは避けられないということは忘れてはいけません。
また人工授精、体外受精などの不妊治療による妊娠率は必ずしも高いわけではありません。若ければ妊娠する確率は高いですし、また妊娠後の結果も順調に行きますが35歳を過ぎれば妊娠する確率はグッと減っていきます。
ですので、不妊治療を行うのであれば若いうちから行いましょう。
また同時に規則正しい生活を心がけましょう。
35歳以降の方は、まず妊娠しやすい体に整えていくことが大切です。

 

いつ治療を終えるのかについては、人それぞれ環境や条件によって異なることですので一概には言えません。一番大切なのはご自分が後悔しないことですので、もう十分頑張ったと思える時が来たら不妊治療を終えても良いかもしれませんね。

 

 

このページの先頭へ