不妊治療はいつ終わらせるべき?

不妊治療の期間が長引けば長引く程、家計にかかる負担は大きくなっていきます。その為、いつまで不妊治療を続けるべきなのかと考えるようになりますね。そこで今回は不妊治療のベストな終結時期についてご紹介したいと思います。
MENU

不妊治療はいつ終わらせるべき?

結論から申しますと不妊治療のベストな終結時期と言うのはありません。
人それぞれの環境や条件によって異なる為です。
しかし、35歳以降で、初めて赤ちゃんを妊娠・出産する場合、母子共に様々なリスクが伴うという事実があります。
ですので、なるべく若い時期に妊娠・出産の計画を立てて、若い時期から不妊治療を行って、35歳までには不妊治療を終えておくことが望ましいでしょう。

 

ですが実際、若い時期から不妊治療を行っているのになかなか赤ちゃんが授からないという方も多くいますし、35歳を過ぎてから不妊治療をスタートさせたらすぐに妊娠出来たと言う方も多くいますので、○○歳になったら不妊治療を終えるべきと言うことは言えません。

 

ただ見た目年齢は若くても体年齢は、年相応となっていることが多いですし、また卵子の老化は避けられませんので、40代になると不妊治療を諦める方は多くいます。
また3~4回の体外受精を繰り返しても妊娠出来なかった場合、それ以降は、妊娠率はかなりダウンしてしまうと言われていますので、不妊治療の引き際を体外受精の回数にしている人も多いようです。
ただ10回~20回トライして、赤ちゃんを授かった方もいますので、実際の不妊治療の引き際と言うのは、ご自分が妊娠を諦めた時であると言えます。

 

また赤ちゃんを産みたいという気持ちがある限り、女性であれば、不妊治療を継続していきたいと思うところですが不妊治療中に病気になってしまう方もいますので、その場合、病気が不妊治療の引き際となるでしょう。

 

 

このように人それぞれの環境や条件によって、不妊治療の引き際というのは異なります。
ただ若い段階で妊娠・出産の計画を立てておけば不妊症になってしまった場合でも迅速に不妊治療をスタートさせることが出来ます。
これにより、35歳前に不妊治療を終わらせることが出来ます。
35歳以降の妊娠・出産は、母体共に様々なリスクが伴いますので、なるべく35歳前に不妊治療を終わらせることがベストですが実際は、40歳以降も不妊治療を続けて、元気で健康な赤ちゃんを出産した方も数多くいますので、実際の不妊治療の引き際と言うのはご自分が妊娠を諦めた時となりますので、赤ちゃんを産みたいという気持ちが残っている限りは、後悔しない為にも頑張って不妊治療を続けていくことが良いかもしれません。

 

このページの先頭へ